地域環境学習推進事業について

 この事業は、民間で活動する環境ボランティア等と県が協力し、地球環境問題等をはじめとする環境問題に対する県民の関心を高め、環境保全活動への参加促進を図るため、県民に身近な地域での環境学習の機会を提供することを目的としています。

事業の主体
 事業の主体は、群馬県に登録している群馬県環境アドバイザーが所属する団体又は複数の群馬県環境アドバイザーにより構成される任意の団体とします。

テーマ
・ごみの減量化等に関すること
・温暖化防止に関すること
・自然保護に関すること
・大気、水質の保全に関すること
・その他環境問題に関すること

対  象
 広く一般県民を対象とし、特定の団体の構成員のみを対象としないこと。

事業の実施までの流れ
 毎年4月中に応募を開始し、5月中に選考し、6月に委託契約を締結し、事業実施となります。

令和元年度実施予定事業一覧

令和元年度 地域環境学習推進事業講座実施予定一覧

No

事業名等 講座名・概要等 開催日 定員 対象 実施団体名
金井沢の生物多様性アップ作戦 金井沢の植物と生き物観察会 R1.7.15 20 幼児から大人 観音山丘陵の自然を守るネットワークの会
外来種(ニセアカシア)退治と笹刈りクヌギ植栽後の整備と自然観察 12月~2月 20

高校生以上

身近な自然に目を向けて、地域の自然環境を守ろう 桃ノ木川の自然観察会
「アオハダトンボを見つけよう」
R1.7.14 50 幼児から大人 南橘の自然環境と環境を守る会

木曽神社周辺の自然観察

R1.10.13 50 小5以上
敷島公園 冬鳥の観察会 R2.1.26 50 幼児から大人
実験を通して、家庭排水による寡占の汚染と水の大切さを学ぶ 家庭排水と河川の汚染について R1.8.8 15 小5から中学生 粕川町河川環境改善グループ
町内の河川の排水と検査 R1.8.22

15

群馬で考える、SDGs目標達成のためにできること。つくる責任とつかう責任。大事に使って捨てる先人と、また使いきるためにできること。 SDGs12 目標達成①:つくる責任つかう責任。大事に使ってきちんと捨てる R1.10.12 50 高校生以上 環境カウンセラーズぐんま
SGDs12 目標達成②:つくる責任つかう責任捨てる責任。そしてまた使い、使い切る R1.11.16 50
小根山森林公園での自然観察会 小根山森林公園での自然観察会 針葉樹の森の姿や小動物に思いを寄せる R1.11.2 30 幼児から大人 ぐんま森林インストラクター会
身近な自然観察と環境関連施設の見学 身近な自然調査と外来種の防除 R1.9.14 30 小5以上 NPO法人新田環境みらいの会
群馬県中央水質浄化センターとチノービオトープフォレストの見学 R1.11.19 40
気候変動に伴う災害適応をハザードマップづくりから学ぶ ハザードマップづくりから災害の特性を学ぶ 9月中旬 20 高校生以上 そくせつ
地域避難計画づくりワークショップ 9月下旬 20
都市河川・井野川の水生生物調査及び植生調査 井野川の水生生物観察による水質判定 R1.7.21 25 幼児から大人 環境アドバイザー・高崎地区会
井野川周辺の植生調査 R1.10.12 25
上州ぐんま市民環境保全活動発表会&交流会 社会に学ぶ 地域に学ぶ 人と時代をつなぐ R1.7.6 50 高校生以上 上州ぐんまESD実践研究会
社会に学ぶ 地域に学ぶ 人と時代をつなぐ R1.11.9 50
10 地熱エネルギーの活用を考える
ー全国の事例学習と群馬県での地熱エネルギー活用の可能性を考えるー
温泉県・群馬での地熱エネルギーの活用を考える 11月中 40 高校生以上 地熱エネルギーを学ぶ会
  講座回数→ 19        

平成30年度実施一覧

平成29年度実施一覧

平成28年度実施一覧

このページについてのお問い合わせ

群馬県森林環境部環境局
環境政策課環境推進係
〒371-8570 群馬県前橋市大手町1-1-1
電話:027-226-2822
FAX :027-223-0154
E-mail:ecosusumu@pref.gunma.lg.jp




おすすめ情報

動く環境教室「エコムーブ号」

県立森林公園

サイトマップ
群馬県産業廃棄物情報
森林ボランティア支援センター2
ぐんまちゃんの食べきり協力店