HOME > 新着情報 > (6)高崎市井野町第三町内会「ゴミ減量化プロジェクト」

(6)高崎市井野町第三町内会「ゴミ減量化プロジェクト」

 高崎市井野町第三町内会では有志の皆さんが、平成30年8月から9月にかけて、ごみ減量化のために次のような取組を行いました。県に提出された「井野町ゴミ減量化プロジェクト実施報告書」から一部を抜粋して、内容を御紹介します。

Ⅰ.緒言

  群馬県は一人当のゴミ排出量で常にワーストファイブに位置している。行政としてゴミ減量化について住民にお願いするのみでは、大きな改善を期待できないのが現状である。その原因は、住民への負担が軽く効率も良くかつコストの低い具体的な方法が提案されていないことである。

排出される可燃ゴミの内、約63%は生ゴミであり、その約75%が水分であると言われている。つまり生ゴミを乾燥させてから排出することにより、可燃ゴミの排出量を削減することが可能であると考えられる。今回のゴミ減量化プロジェクトの目的は、生ゴミ中の水分を風乾により削減できることを検証することにある。
    
  その結果、簡単な装置を使いかつ太陽光のエネルギーを利用することで、効率よく風乾出来ることを実証した。

Ⅱ.ゴミ減量化試験方法

 1 試験装置(添付写真参照)

      今回は補助金の支給計画が想定以上に早く進んだことにより、準備時間の不足となり、市販の機器を使用せざるを得なかった。乾燥籠は、写真に示す18-8パットン深型(11メッシュ)を使用した。乾燥籠のサイズは480mm×335mm×105mmである。乾燥籠をブロックの上に置き、生ゴミをその上に置き、屋外の適当な場所に設置する。

 2 試験方法

  発生した生ゴミの重量を測定・記録し、乾燥籠に広げて置き風乾させる。この操作を可燃ゴミ収集日前日まで行い、収集日当日乾燥籠の生ゴミを回収・重量測定・記録する。これを約4週間に亘り実施して集計する。

 乾燥試験中の注意事項として次のことを参加者に依頼した。
    ①  雨の時は出来る限り軒下等に移動する。
    ②  乾燥籠の上の生ゴミは出来る限り広げて風の通りを良くする。
    ③  材料の選択はしない。ただし煮物の残り物等今回は出さない。

 3 参加者

  町内協力者及び町外の協力者を含め、40名の参加者を募った。

 4 試験期間

  8月初旬から9月下旬までの都合の付く約4週間を目途に実施した。各参加者の日常生活に過剰な負担がかからないよう実施してもらった。

Ⅲ.ゴミ減量化試験結果

  表1(省略)にゴミ減量化試験結果を示す。平均として、43%程度までの乾燥したことが判る。この表から、各人の理解度や乾燥籠の設置環境により、乾燥度合いの悪いケースやカラカラになるまでの乾燥したケースが見られる。

写真 ゴミ減量化風乾籠と実施状況

 生ゴミを乗せていない状況    

 生ゴミを乗せ乾燥操作中の状況




おすすめ情報

動く環境教室「エコムーブ号」

森の楽校

県立森林公園

サイトマップ
群馬県産業廃棄物情報
森林ボランティア支援センター2
ぐんまちゃんの食べきり協力店