HOME > おすすめ情報 > 環境学習・活動のひろば > ぐんま環境学校(エコカレッジ) > 平成26年度ぐんま環境学校(エコカレッジ)を実施しました

平成26年度ぐんま環境学校(エコカレッジ)を実施しました

1 ぐんま環境学校(エコカレッジ)の目的

 ぐんま環境学校(エコカレッジ)は、ぐんま環境学校(エコカレッジ)は、地域の環境学習や環境活動を自ら主体的に実践できる人材の育成を目的としています。環境問題や環境ボランティアに興味のある方を公募し、講義やフィールドワークをとおして、環境に関する基礎知識やボランティア活動を幅広く学びます。

2 開講状況について (平成26年度は28名の受講生が参加しました。)

第1日目 平成26年7月12日 開講式、自己紹介、環境クイズ、環境学習の進め方

  • 開校式(温暖化対策室長挨拶) 受講生に期待することや講義の進め方を説明し、オリエンテーションを行いました。
   01第1日目 基礎講義(室長挨拶)
  • 受講生同士の自己紹介と環境クイズ 初対面の緊張を緩和し、受講生同士の環境に対する意識を共有するため、自己紹介と環境クイズを行いました。

02第1日目 基礎講義(自己紹介)

  • 高崎経済大学地域政策学部飯島明宏准教授による講義 環境教育の歩みや環境学習の実践的な活動について学び、「生物多様性とは何か」をグループで考え、発表しました。

 03第1日目 基礎講義(「環境学習の進め方」)

第2日目 平成26年8月2日 森林ボランティア、環境に配慮した消費行動、 気候変動とエネルギー対策

  • 森林ボランティアについて 森林の現状や森林ボランティアの取組を学習し、森林保全への理解を深めました。
04第2日目 基礎講義(「森林ボランティアについて」)
  • 環境に配慮した消費行動について 消費者を取り巻く問題や環境の変化、環境に配慮した消費生活を学習し、消費者としての意識を高めました。
05第2日目 基礎講義(「環境に配慮した消費行動について」)
  • 群馬大学教育学部西薗大実教授による講義 気候変動が地球に及ぼす影響や県内における再生可能エネルギーの普及の可能性について考えました。

 06 第2日目基礎講義(「気候変動とエネルギー」)

第3日目 平成26年8月9日 育樹作業体験

  • 育樹作業(NPO法人フォレストぐんま21による説明) 県内各地で活躍している森林ボランティアの方から、刈払機の使用方法や安全確認について学びました。
07第3日目 育樹作業(作業説明)
  • 育樹作業の体験 森林ボランティアの方の説明や指導を受けながら、刈払機を使用した森林整備を体験しました。

 08第3日目 育樹作業(体験)

 

第4日目 平成26年8月23日 尾瀬ボランティアの取組

  • 尾瀬の取組について(財団法人尾瀬保護財団職員、尾瀬ボランティア) 尾瀬の取組についてボランティアの活動を中心に学習し、入山のマナーや装備について確認しました。

 09第4日目 基礎講義(「尾瀬ボランティアについて」)

 

第5日目 平成26年9月6日 環境保全(水質保全、大気保全、放射線対策)、 リサイクル、群馬県のごみ問題を考える

  • 水質保全について 河川・湖沼の水質及び土壌の現状について理解し、群馬県の対策について学習しました。

10第5日目 基礎講義(「水質保全について」)

  • 大気保全について 大気汚染物質とその発生の仕組みを理解し、群馬県の常時監視やその対策について学習しました。

11第5日目 基礎講義(「大気保全について」)

  • 放射線について 群馬県の監視体制と県内の除染状況について学び、県内の放射性物質の汚染状況について理解しました。

12第5日目 基礎講義(「放射線について」)

 

  • リサイクル法と市町村の分別収集について 日頃のごみの分別方法を振り返り、リサイクル推進のためには適切な分別が不可欠であることを学びました。

13第5日目 基礎講義(「リサイクル法と分別収集について」)

  • 高崎経済大学地域政策学部中村匡克准教授による講義 群馬県のごみ排出の現状や問題について、学術的な分析方法を交えて学び、その解決策を考えました。

14第5日目 基礎講義(「群馬県のごみ問題について」)

第6日目 平成26年9月11日 尾瀬フィールドワーク

  • 植生及び樹種の学習(尾瀬ガイド協会認定ガイド) 様々な種類の植物の解説を受け、尾瀬の自然が特殊な環境にあることを学びました。
15第6日目 尾瀬フィールドワーク(植生及び樹種の学習)
  • 浄化槽の仕組みの学習(山の鼻ビジターセンター職員) 多くの観光客を受け入れていることに対するし尿処理や環境への配慮について学習しました。
16第6日目 尾瀬フィールドワーク(浄化槽の見学)
 
  • 受講生集合写真 尾瀬ガイド協会認定ガイドさんと写真撮影。この後、至仏山の荒廃状況を確認しました。
17第6日目 尾瀬フィールドワーク(受講生集合写真)
  • 湿原の成り立ちについて学習 尾瀬の自然史や木道整備などの自然保護に対する取組を学習し、尾瀬の環境は絶妙なバランスで成り立っていることを理解しました。

 18第6日目 尾瀬フィールドワーク(湿原の成り立ちの学習)

 

第7日目 平成26年10月22日 清掃センターの取組(桐生市清掃センター)

  • 桐生市清掃センター所長による挨拶 桐生市清掃センターの成り立ちや、桐生市の取組について説明を受けました。

     

19第7日目 清掃センターの取組(所長挨拶)

  • 清掃センターの施設見学 様々な廃棄物の受け入れや蒸気タービン発電機の稼働状況など、環境に配慮した設備を見学しました。

 20第7日目 清掃センターの取組(施設見学)

  • リサイクル実習 ごみの分別体験をとおして、ごみの多さ、処理の大変さや県民一人ひとりの協力の必要性を実感しました。

 21第7日目 清掃センターの取組(リサイクル実習)

 

 

第8日目 平成26年11月1日 環境学習サポーター講演、わたしの企画書発表会、修了証書授与式

  • 環境サポーター講演 環境学習サポーターが環境教室での活動を実演し、ボランティア参加への意欲を高めました。

 22第8日目 基礎講義(環境学習サポーター講演)

  • わたしの企画書の発表 環境学校で学んだ内容や今後の抱負や計画について発表し、受講生同士で意見を交わしました。

 23第8日目 基礎講義(わたしの企画書発表)

  • 修了証書の授与 修了要件を満たした受講生へ修了証書が授与され、今後の活躍を期待して平成26年度ぐんま環境学校(エコカレッジ)を閉校しました。

 24第8日目 基礎講義(修了証書授与)

3 受講生の感想

  • 今まで何となく感じていたり、考えたり、行動していた環境問題について体系的に学び、今後の行動すべき姿勢を考える機会となった。
  • 森林ボランティアや環境学習サポーターとして活動していきたい。また、子どもたちが環境問題に触れる活動を考えてみたい。

 

群馬県森林環境部環境局
環境政策課環境推進係
〒371-8570 群馬県前橋市大手町1-1-1
電話:027-226-2822
FAX :027-223-0154
E-mail:ecosusumu@pref.gunma.lg.jp

 ぐんま環境学校(エコカレッジ)のページへ戻る

 

 




おすすめ情報

動く環境教室「エコムーブ号」

県立森林公園

サイトマップ
群馬県産業廃棄物情報
森林ボランティア支援センター2
ぐんまちゃんの食べきり協力店