HOME > おすすめ情報 > 家庭でストップ温暖化 > 家庭ですぐにでも実践できる3Rの例(平成28年2月26日更新)

家庭ですぐにでも実践できる3Rの例(平成28年2月26日更新)

☆★「リデュース(ごみを出さないようにする)」☆★

  • 買い物の時は、マイバッグやマイバスケットを持っていき、レジ袋はもらわない。
  • 食料品などは、必要なものを必要な量だけ買う。
  • パックやトレイ入りでない商品の購入や量り売りを利用する。
  • 調理の際に、生ごみをできるだけ少なくする。

☆★「リユース(繰り返し使う)」☆★

  • フリーマーケットやリサイクルショップを利用する。
  • 一度買ったものは大切に使い、修理しながらできるだけ長く使う。
  • 詰替式の商品を買ったり、使い捨て商品の使用を控える。
  • 一時的に必要なものについては、リース、レンタル方式などを利用する。    

☆★「リサイクル(使ったものを資源として再利用する)」☆★

  • 地域で実施する集団回収などに協力する。
  • ごみの分別収集を徹底する。
  • 再生品やリサイクルしやすい商品を買う。
  • 空き缶、空きビン、牛乳パックなどは、資源回収や店頭回収に出す。

 マイバッグを持つぐんまちゃんみなさんに手軽にごみの現状や減らし方を知っていただけるよう、冊子「ぐんまのごみの減らしかた」をつくりました。ぜひご覧ください。

ぐんまのごみの減らしかた(PDF3.99MB)



おすすめ情報
サイトマップ
群馬県産業廃棄物情報
森林ボランティア支援センター2
環境GS認定制度
ぐんまちゃんの食べきり協力店