HOME > おすすめ情報 > 地球温暖化対策

地球温暖化対策

 2022(令和4)年6月25日伊勢崎市において、気象庁観測史上初「6月最高気温40℃超え」となる40.2℃を観測しました。7月1日桐生市において40.4℃を観測し、同じ日に国内6地点で40℃台を観測したのも気象庁観測史上初となります。また、国内外における気象ニュースなどからも異常気象が非日常ではなくなりつつあることに気づかされます。このような気候危機に直面している私たちは、事業活動や生活スタイルを持続可能なものに変えていく必要があるのです。

地球温暖化に対する取組の状況【群馬県環境白書2022から】

(1) 世界と日本の年平均気温の状況

 2021(令和3)年の世界の平均気温は、基準値(1991~2020[平成3~令和2]年の30年平均値。以下同じ。)からの偏差※1+0.22℃で、1891(明治24)年の統計開始以降、6番目に高い値となりました。平均気温は、100年当たり0.73℃上昇しています。特に2000年代以降、高温となる年が多くなっています。

 2021(令和3)年の日本の年平均気温は、基準値からの偏差※2+0.61℃で、1898(明治31)年の統計開始以降、3番目に高い値となりました。年平均気温は、100年当たり1.28℃上昇しています。特に1990年代以降、高温となる年が多くなっています。

(2) 国連気候変動枠組条約第26回締約国会議(COP26)

 2021(令和3)年イギリス・グラスゴーにおいて、約130か国の首脳や政府代表が参加したCOP26が開催されました。この会議では、世界全体の温室効果ガス排出量は、各国が掲げる2030(令和12)年削減目標を達成したとしても、2010(平成22)年比で13.7%も排出量は増加し、世界の平均気温は2.7℃上昇してしまう、という警鐘が鳴らされました。最終的に、世界の平均気温の上昇を1.5℃未満に抑えるための削減強化を各国に求める「グラスゴー気候合意」が採択されました。

 また、COP24(2018[平成30]年開催)からの継続課題となっていたパリ協定第6条に基づく市場メカニズムの実施指針等の重要議題が合意され、パリ協定のルールブックが完成しました。

(3) 気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第6次評価報告書

 米プリンストン大の眞鍋淑郎氏が、2021(令和3)年ノーベル物理学賞を受賞しました。眞鍋氏は世界で初めて、地球温暖化予測に関わる大気と海洋の動きを組み込んだ気候モデルを用いて、大気中の二酸化炭素濃度の増加が地球の気温上昇を引き起こすことを明らかにしました。この気候モデルは、IPCC の第1次評価報告書の地球温暖化予測にも用いられました。

 IPCCは、世界気象機関(WMO)及び国連環境計画(UNEP)によって1988(昭和63)年に設立された政府間組織です。気候変動に関する最新の科学的知見について評価を行い、1990(平成2)年公表の第1次報告書以降、数年に一回程度のサイクルで報告書を作成しています。2021(令和3)年8月から、第6次評価報告書作成のための3つの作業部会が報告書を順次公表しています。最終的な統合報告書は2022(令和4)年後半から2023(令和5)年初頭に公表される予定です。

  • ※1 世界の平均気温(陸域における地表付近の気温と海面水温の平均)の基準値(1991~2020[平成3~令和2]年の30年平均値)の偏差、単位は「℃」
  • ※2 1898(明治31)年以降継続観測している気象観測所のうち、都市化による影響が少なく、特定の地域に偏らないように選定された15地点の年別・月別平均気温データの偏差、単位は「℃」

家庭における脱炭素:温室効果ガス「2030年半減」「2050年実質ゼロ」に向けた具体的な行動

今の生活を大きく変えずに、温室効果ガスを効果的に減らす方法はいくつかあります。例えば、

  • 電気の契約を「再生可能エネルギー(RE100)」に切り替えましょう。実質100%再生可能エネルギーのプランを扱う電力会社は数多くあります。
    「理想の電化に電源群馬」水力発電は昼夜を問わずRE100です。【参考】アクアエナジー100(東京電力エナジーパートナー)
  • 自家用車を「電気自動車」に買い換えましょう。日本は世界の先進国の中で最も電気自動車の導入が遅れています。資金も必要ですのでリースも検討しましょう。
  • 省エネリフォーム(窓や玄関ドアなど)を行いましょう。国土交通省の補助金が利用できます。お住まいの市町村にも問い合わせてみましょう。

リンク集

お問合せ

群馬県 環境森林部 環境政策課 環境政策係
     住 所:群馬県前橋市大手町一丁目1番1号
     電 話:027-226-2821
     FAX:027-223-0154
     E-mail:ecosusumu@pref.gunma.lg.jp


おすすめ情報
サイトマップ
群馬県産業廃棄物情報
森林ボランティア支援センター2
環境GS認定制度
ぐんまちゃんの食べきり協力店