HOME > お知らせ > 令和2年度の狩猟が解禁されます(自然環境課)

令和2年度の狩猟が解禁されます(自然環境課)

1 狩猟期間

  令和2年11月15日(日)~令和3年2月15日(月)まで
    ただし、ニホンジカ及びイノシシに限り、令和3年2月28日(日)まで
 

2 今猟期における変更点

 妙義狩猟鳥獣捕獲禁止区域を新設しました。この区域で狩猟できる鳥獣はニホンジカ及びイノシシで、使用できる猟具はわな及び止め刺しを目的とした銃のみなので、ご注意ください。
 

3 狩猟事故・違反の発生防止対策

 狩猟期間中、狩猟による事故の予防と法令違反の防止のため、市町村、猟友会、警察署等の関係機関と連携して、各環境森林事務所・森林事務所の職員や鳥獣保護管理指導員によるパトロールを実施します。
 

4 群馬県内で狩猟をする皆さんへ

  • 法令及びマナーを守って、安全な狩猟を実施してください。
  • 群馬県では、令和2年11月15日~令和3年2月28日までの期間を、ニホンジカ及びイノシシの捕獲強化期間にしています。生態系及び農林業被害を軽減するため、積極的な捕獲をお願いします。
  • 豚熱(CSF)感染確認区域で狩猟する際は、防疫措置(消毒など)を徹底してください。
  • 県内で捕獲されたイノシシ、ニホンジカ、ツキノワグマ及びヤマドリの肉は、原子力災害対策本部長の指示により「出荷制限」とされていますので、ご注意ください。

5 一般入山者の皆さんへ

  • 入山する際は、できるだけ目立つ服装を心がけ、複数人で話をする、音の鳴るもの(鈴、ラジオ等)を携帯するなど、自分の存在を狩猟者や周囲に知らせましょう。
  • 週休日及び祝日は、狩猟者が大勢入山しますので、特に注意しましょう。
  • わな設置の標識がある場合は、危険ですので、近づかないようにしましょう。

 

<参考> 狩猟者登録の状況

区分 網猟、わな猟 銃猟
令和2年度
(10月末日現在)
県内者 1,076人 1,463人 2,539人
県外者 14人 678人 692人
1,090人 2,141人 3,231人
参考 令和元年度 1,094人 2,279人 3,373人
平成30年度 1,082人 2,334人 3,416人
平成29年度 1,029人 2,403人 3,432人

   

このページについてのお問い合わせ

環境森林部自然環境課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2874
FAX 027-243-7702
E-mail kanshizen@pref.gunma.lg.jp




おすすめ情報

ECOぐんまTwitter

動く環境教室「エコムーブ号」

県立森林公園

サイトマップ
群馬県産業廃棄物情報
森林ボランティア支援センター2
ぐんまちゃんの食べきり協力店