HOME > 県の取組 > 生ごみの減量・食品ロスの削減 > ぐんまちゃんの食べきり協力店

ぐんまちゃんの食べきり協力店

 群馬県で排出された事業系の可燃ごみの約25%は、飲食店や食料品小売店などから排出される「生ごみ」であり、そのうち食べ残しや売れ残り、調理段階での仕込み過ぎなど、本来食べることができた部分が「食品ロス」です。食品ロスは、貴重な食品資源を浪費するだけでなく、環境負荷の増大にもつながります。
 もちろん、県民1人1人がこうした問題を意識することが大切ですが、飲食店、宿泊施設や食料品小売店を利用するお客様は、家族構成や生活スタイルも様々です。
 このため、すべての方に最後まで美味しく食べきっていただき、「生ごみ」の減量、「食品ロス」の削減を実現するためには、飲食店、宿泊施設や食料品小売店のご理解とご協力が必要不可欠です。
 県内の飲食店、宿泊施設及び食料品小売店のみなさま、是非、「ぐんまちゃんの食べきり協力店」に登録いただき、下記取組項目の実践をお願いします。

ぐんまちゃんの食べきり協力店募集チラシ(PDFファイル)

(1)登録

1.対象

県内の飲食店、旅館・ホテル等の宿泊施設、食料品小売店であること

2.登録要件

下記取組項目のうち1つ以上を実施すること(すでに取り組んでいるものでも可)

ア)飲食店、宿泊施設

  • 小盛、ハーフサイズメニューの設定
  • 来店者からの要望に応じた量の調整
  • 食べ残し削減の呼びかけ
    (注文受付時に適量注文の呼びかけ、食べきり協力店である旨の呼びかけ等)
  • 特典の付与 (食べきった来店者へポイントや次回割引券の付与等)
  • 食品廃棄物のリサイクル
    (仕込みすぎや食べ残しの食品の飼料化・堆肥化等)
  • ポスター等の掲示による啓発活動の実施
  • その他食べ残しを減らすための取組

イ)食料品小売店

  • 賞味期限が迫った商品の値引き・加工販売
  • 賞味期限が近い順に購入することを促す呼びかけ
  • 閉店間際における値引き販売
  • 量り売り、ばら売り、少量パック等による販売
  • 食品廃棄物のリサイクル
    (賞味期限・消費期限切れの食品の飼料化・堆肥化等)
  • ポスター等の掲示による啓発活動の実施
  • その他食材を使い切るための取組

(2)登録のメリット

  1. 食べ残しが減ることで、生ごみの処理経費が削減できます。
  2. 食べ残しが減ることで、食器の片付け・洗浄の作業が軽減され、従業員の業務の省力化が図れます。
  3. 環境に優しいお店として、高齢者や女性、子どもに配慮したお店として、お客様へのイメージアップにつながります。
  4. 県のホームページなどでお店の取組などの情報をPRします。

(3)登録の方法・流れ

  1. 申請書に必要事項を記入の上、県庁廃棄物・リサイクル課までお申し込みください。
    (FAX、郵送、Eメールまたは持参にて)

    【申請様式等】
    ぐんまちゃんの食べきり協力店登録実施要領(PDFファイル)
    登録申請書(様式第1号)(Wordファイル)
    登録内容変更届(様式第2号)(Wordファイル)
    登録中止届(様式第3号)(Wordファイル)

    【申込先】
    県庁廃棄物・リサイクル課
    FAX:027-223-7292
    宛先(郵送の場合):
    〒371-8570 群馬県前橋市大手町一丁目1番1号 群馬県環境森林部廃棄物・リサイクル課
    Eメール:haikirisaka@pref.gunma.lg.jp
       

  2. 登録完了後、県庁廃棄物・リサイクル課から登録店舗あて、ポスターやステッカーなどを郵送します。
  3. 群馬県環境情報サイト「ECOぐんま」に、登録店舗の情報や取組等を掲載します。

    ポスターの画像

    ポスター

    ステッカーの画像

    ステッカー

    卓上POPの画像

    卓上POP

(4)ぐんまちゃんの食べきり協力店 登録店舗




おすすめ情報

動く環境教室「エコムーブ号」

森の楽校

県立森林公園

サイトマップ
群馬県産業廃棄物情報
森林ボランティア支援センター2
ぐんまちゃんの食べきり協力店